検索エンジンを利用した集客方法として、SEO と、yahoo!リスティングやGoogleが提供する検索連動型広告の2つの 手段があります。
誤解も多いのですが、いずれか一方を通じて検索上位に表示され ればもう 一方はおこなわなくてもいい、あるいはお金や時間の無駄だと考えている 人もいるのですが、それは間違いです。実際には、 検索連動型広告とSEO は両方を組み合わせた方が、いずれか一方の みでおこなうよりも多くの トラフィックや コンバージョンを獲得できることが、複数の会社の調査によって明らかになってきています。
SEOまた は検索連動型広告単独でやるよりも 、両者を組み合わせて サーチマーケテインク全体のキャンペーンを組んだ方が、 クリック数やコンバージョン数、率などすべてにおいて優れていることがわかります。

ブランドカを強める効果が期待できる

例えば、調査では、SEO または検索連動型広告を単独 でやるよりも 、両者を一緒に実施したことで、クリック数やコンパ ージョン、 PV、訪問者数、サイト滞在時間など多くの項目で良い結果が出ています。これは検索結果において「面」をより多く 押さえ、ユーザーとの接触回数 ・露出を増やしたこと、 そして検索上位に表 示することでユーザーに信頼を与えた結果と考えられます。

一般にSEO はランキングやコンバージョン数、訪問者数といった 指標で評価されがちですが、このようにサーチマーケテイング全体 で最適化す ることでプランデイング効果も得ることができます。と りわけ 日本ではランキングで一喜一憂する企業担当者が多いのが実 情ですが、もっと実の成果に目を向けて、 サー チマーケテイングに どの程度の予算を投資すべきかも考えていく必要があるでしょう 。