1商品に1ページを徹底しよう

商品名やサービス名を検索語として検索エンジンで探 す利用者は少なくありません。したがって商品名やサービス名自体がスモ ール・キーワードとなります。そういったスモール・キーワードはページ内要因のSEOテクニックだけを使って上 位表示させなければなりません。そのため、タイトルタグやメタタグの description 属性はもちろん、ボディタグ中でも上部に文字装飾を使ってキ ーワードを強調させるようにします。 1ページに複数の商品やサービス(つまり複数のスモール・キーワード) があってはSEO効果は半減してしまい、どっちつかずの共倒れになる危険 性があります。 1商品 1ページはこれを回避する手段でもあります。また、サイト内のホームページ数を増やすこ とはページ外要因の観点からも有益です。商品の物販サイトであれば数百 品目を扱うケースも珍しくありません。 1商品 1ページを採用すると数百 ページ分を稼ぎ、リンクポピュラリテイ(ページランク)にかなりの貢献 をします。

Write a Reply or Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です