ユーザーのためのSEO

検索会社もSEOも目的はユーザーに最適な検索体験を提供すること、ただ、実現する 手法が前者はテクノロジーであり、後者はサイト構築であるということを頭に入れておきましょう。 現在、 日本を含めて世界各国の主要なポータルサイトで採用さ れており、 50%超のシェアを誇るGoogleが現在の地位を獲得でき たのは、ユーザーが満足する水準を満たした検索結果をつねに提供してきたことにあります。そして、その実現には高度に精鋭化されたアルゴリズムという全く人為的な手を介さない技術で、検 索キーワードに関連する、重要度の高いウェブページを客観的に 順番に並べることで成されたのです。 これに対して、不正な方法によって故意にウェブサイトを検索 上位に表示させることは検索会社のサービス提供を妨害する行為 になります。検索エンジンスパムによって、本来上位に表示されるべきでは ないサイトがたくさん表示され、上位を独占するような状態を招けば、検索精度の低下を招くことになります。あるキーワードに 対してもっとも的確なウェブページが下位に押し下げられてしま えば、ユ ーザーは探し求めていた情報にたどり着くことができな くなり、検索体験の質の低下を招くことになります。

Write a Reply or Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です