アウトソース

海外SEO SEMをアウトソーシングする場合には、2通りの方法があります。日本国内の企業に相談するか、海外の企業と直接やり取りをするかです。コスト面だけを考慮すれば、とくに物価が安い固に関しては、現地の企業に依頼したほうがいいかもしれません。

ただし、海外の企業と直接契約する場合には、いくつか注意が必要です。もっとも大きな点は商流の速いです。EI本では後払いが一般的ですが、海外では必ずしも通用しません。さらに銀行振り込みを受け付けず、クレジットカードやPayPal(海外でよく使われている決済システム)で支払いを嬰求してくる場合もあります。

さらに面倒なのが契約書です。検索連動型広告は手軽に海外へと出稿できるのが強みにもかかわらず、契約書が分厚く、手聞がかかるということが多々あります。そのうえ外国語の契約書ですから、確認に数週間以上かかるなんてこともよくあります。

このように、日本企業、海外企業、どちらに依頼するにもそれぞれメリットとデメリットがあります。社内のリソースなどを分析して慎重に決定することをおすすめします。

Write a Reply or Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です