検索サービス

現在インターネット上でもっとも利用されているサービスは、電 子メールです。多くの人がパソコンはもちろん携帯電話を使って仕 事やプライベー トでたくさんメールを利用しています。では、イ ン ターネッ トで 2番目に利用 されているサービスは何か? それが検 索エンジン(検索サービス)です。
検索サービスというのは、キーワードを入力して検索すると、そ のキーワ ード に合致したウ ェブページをインタ ーネ ッ ト上にある数 百億ものページの中から瞬時に探し出してくれるサービスです。 Yahoo! やGoogle とい った検索サービスは よくご存じでしょ う。例え ばホワイトデーに手作り飴を作 りたい時、キーワ ードに
「飴作り方」と指定して検索をかけると、飴の作 り方を開設したウェブページが一覧表示されます。検察サービスの利用率は80% インターネットの普及により、検索サービスを利用すれば、あり とあらゆる情報が見つけられるようになりました。実際、インタ ーネ ッ ト白書によると 、およそ8割のユーザーがウェブサイトへのアクセスに検索エンジンを 利用しているという調査結果が出ています。
SEOとは何か
特に日本国内では、光ファイバーやADSL といった超高速ブロードバ ンド接続の普及や、 PC、携帯電話などの端末の低価格化と一般家庭へ の浸透により、時間や料金をあまり気にせずにインターネットにアクセ スできることから、日々24 時間、頻繁に利用されています。
検索エンジンは、私たち消費者の購買行動をも大きく変えたサ ービスです。電通が提唱したAl SASア( イサス )という新しい言葉 は、それぞれ A= Attentio n (注意 )、1= In terest (興味 )、S= Search (検索)、 A= Action (購買行動)、S= Sh 紅巳 (共有)という今日の消 費者行動の特性を端的に表した概念ですが、私たちは何かほしいも のがあった時、その情報を得るために雑誌や本を買ったりカタログ を手に入れるのではなく、「検索」をするのです。

検索結果にはウェブページの一覧リンクが表示される 砂多 い場合には何十万、何百万ものぺ ージが検索にヒ ット 実際にユー ザー が見 るの は最初の 10~20件だ け

さて、検索サービスは何かのキーワードで検索をすると、ウ ェブ ページの一覧がずらっと出てきます。この時、みなさんは一覧をど こから見始め、どれくらいの量に目を通すでしょうか?
ほとんどの方は、出てきた画面の上の方から順番に見て、スクロ ールさせながら下に目をやり、自分が探している情報に関連のあり そうな文字を見つけたら、そのリンクをクリックしているでしょう 。 もし出てきたウェブページにほしい情報がなさそうだ、ったら、検索 キーワードを追加して絞り込みをしたり、キーワードを変えてみた り、あるいは他の検索サイ トに移動するなどして何とか情報が見つ かるための行動をとるに違いありません。
ところでどの検索エン ジンで検索しでも、大抵の場合、該当する ウェブページが数千件、あるいは数万件の単位でリストアップされ ています。